友人の結婚式、余興を頼まれたけど何をすれば良いのか

喜ばれて負担も少ない結婚式の余興とは

>

新郎新婦に、最高の笑顔をプレゼント!

余興のスタンダードはやっぱり歌!

余興が歌に決まったらどの曲にするか、選択肢は無数にあります!
新郎新婦が好きな歌、みんなが共に過ごした時期に流行ったラブソング、多くの結婚式で繰り返し歌われる大ヒット曲…歌うメンバーになじみが深く、難易度があまり高くないを選ぶのがポイントです。特にしっかり準備できない場合は、じっくり聴かせるバラードよりノリノリの明るい曲の方が練習不足をカバーできます。ちなみに練習場所は、コスト面からもカラオケボックスが最適です。
練習時間が確保できるならコーラスにしたり、楽器を弾ける人がいたら伴奏を頼んだりすると、よりクオリティが高い、聴きごたえのある発表になるでしょう。
くり返し歌い継がれている結婚ソングには、ダンスが一緒になったものも多いので、新郎新婦にも参加してもらいおおいに盛り上がりましょう!

SNS映えもねらえる余興ダンス

ダンスを披露するからといって、必ずしも息を合わせてキレキレに踊る必要はありせん。かんたんな振りでも笑顔で通せば好感度は充分ですし、コスプレなど衣装をそろえるとゴージャスになります。どうせなら楽しく踊って、記念としてSNSにアップしましょう!
最近では、少数で踊り始めてカメラマンやウェイターなどの式場スタッフも加わり、最後には披露宴会場のほかのゲストも巻きこんで踊るフラッシュモブも増えてきています。挑戦したい場合は、可能かどうか式場に問い合わせてみてください。
ダンスは歌と違い練習場所に迷ってしまいますが、低コストで利用できる時間貸しのレンタルスペースを探してみてください。市民会館など公共の場所を押さえられれば、更にリーズナブルです。
公園などの野外で練習する時はまわりの迷惑にならないよう、特に夜は騒音を出さない等の気配りをお忘れなく!


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる