喜ばれて負担も少ない結婚式の余興とは

やっぱり歌とダンスは永遠のスタンダード!

大切な友達から結婚式の余興を依頼されたら、新郎新婦、そしてゲストの皆さんにHappyになってもらいたいですよね?
でも「頼まれたメンバーは仕事や家庭で忙しいし、離ればなれになっている人もいるし、ちゃんと準備できるかな?」「会場が盛り上がって、時間やお金の負担は少ない余興にしたいけど、どうすればいい?」と悩む人は多いはず。
ここでは、最近の結婚式で一般的に行われている、見る側にも演(や)る側にも人気の余興をご案内します。

どんな余興でも、一番大事なのは祝いたい気持ちを真剣に表現する事です!照れや恥ずかしさは忘れて自分も思いきり楽しめば、見ている方も楽しくなり、ハートウォーミングな名場面になります。
参考になる情報や動画がインターネットに多数アップされているので、興味のあるジャンルはぜひ見てみてください。

注意したいのは、余興のNG。新郎新婦の親族や職場関係者も集まる場なので、最低限の節度は必要です。少数の仲間しか知らない内輪ネタ、脱いだり大声で叫んだりと品のないパフォーマンスは、会場をシラケさせる危険があるので避けましょう。
流行の漫才やモノマネも、発表するころには風化しかけている可能性があるので、「新郎新婦のエピソードを取り入れる」などのひと工夫が必要です。
時間がかかり過ぎるのも困りモノ、開始前にできる準備は済ませておくなど、あらかじめ段取りよくなるよう手配しましょう!おおよそ5から10分が目安です。

普通では物足りない、やっぱりスペシャル感を出したいと思うなら…余興メンバーの特技を大いに活用しましょう!
楽器が演奏できる人に歌の伴奏をしてもらう、手品ができる人に披露してもらう、絵が描ける人に新郎新婦を題材にした紙芝居を描いてもらうなど、専門的なテクニックを持っている人がいると、いっそう盛り上がり、素晴らしい感動を呼ぶでしょう!

≫ TOPへもどる